FC2ブログ
2013 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2013 05
娘へ
- 2013/04/08(Mon) -
うちの娘はさ、うちにいるときは絵を書いてることが多いんだよね

もちろんオモチャで遊ぶこともあるけど、ちょっと遊んだら「パパ―!絵かこー!」って誘ってくるの^^

絵かいてるうちに「これ あ だよ」とか「これ ね だよ」とか平仮名かいたりするんだけど、これはいいなー! なんて思っちゃって、遊びながら勉強できるのが一番覚え早いよね^^
で、しょっちゅう絵かきながら「は」とか「む」とか、一通り五十音は書けるようになって・・・

結果、この調子でアルファベットも書けるようになったし、自分の名前も漢字で書けるようになったし
1+1=2くらいの計算はできるようになった^^

P4060215.jpg

オレ自身は勉強が嫌いで、学校でも「落ちこぼれ組」だったから自分の子が「出来の悪い子」であっても当然と思ってるんだけど、ただ 「面白い」とか「楽しい」とか思えたら興味もったかもしれないんだよね(苦笑

だから今、娘が遊びながら「字」を覚えてることは自然体でとてもいいことだと思う^^
これで、親の欲目で「高望み」するようになったらオレは「ダメおやじ」になり下がるだろうな。

ただ娘に望むとすれば、どうか「人に好かれる子」になって下さい。
そのためのアドバイスなら知ってることはすべて教えたいと思います。
いつの日か自分のやりたいことが見つかったのなら、それは自分の力で切り開いて下さい。

P4060217.jpg

オレが小学生の低学年のとき、一人の男の子が一人の男の子に馬乗りになって叩いてました。
「いじめ」です。
たしかにいじめられてる子は、ときに奇声を発したり人に注意されても「うるせーバーカ!」と言って人に好かれる要素はなかったのですが・・・

ある日、いじめっ子の癇に障ることがあったのでしょう。
冒頭の場面に出くわしたのです。
まわりでみんな見て見ぬふりをしていました。

見かねたオレは「やめろ!」と言って馬乗りになったそいつを引きずり降ろしました。
するとそいつはオレに殴りかかってきました。
オレも負けじと対抗しました。 そうこうしてるうちに誰かが呼んだんでしょう、先生がやってきてケンカを止められました。

先生に注意されるとオレもそいつもわんわん泣きました(低学年だからねww)

オレは今、あのときの自分を褒めてやりたい。オレよ!よく勇気を出して闘った! 今のオレよ!あのときの純粋な気持ちを忘れずに正義を貫けよ! 汚い大人になるな! あのとき、もし強い者に巻かれてまわりの友達がオレを無視するようなことがあったら、それは友達じゃねー! あとから言い訳がましく説明したところで、それは結局自分自身を守ることしかできないんだろ!

オレがいじめられた時、お前は飛び出せるか? 結果負けてもいいさ! 友達の為に飛び出した勇気が嬉しいんだ! 相手のいないところで虚勢を張ったって見透かされるぞ!


だから、娘よ! 正しい間違いを見分ける力をつけろ!
長い物には巻かれるな!
絶対人を裏切るな!

一時のことで人生に絶望するな!  未来は自分で切り開け!  親を悲しませるな!

父も母も、いつまでもお前の味方だ! それだけは忘れるな!

もう少し大きくなった娘に送る言葉でした。
スポンサーサイト



この記事のURL | 日常ブログ | CM(16) | TB(0) | ▲ top
| メイン |