FC2ブログ
2013 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2013 10
大正村
- 2013/09/18(Wed) -
さあ、愛知にある明治村の次は、隣の岐阜県にある「大正村」です。

ちなみに岐阜県には「昭和村」もありますよ^^

t1.jpg

t6.jpg

t5.jpg

明治村は入場料を払って園内を見て回りますが、大正村は日常に住んでる町が「大正村」なんです(驚

街全体が と言う訳ではありませんが、一部古い建物があったり、博物館があって(有料)そこで

参考資料を見れたりできます。

散策ルートがあって、ずーっと歩いてゆくと・・・







t2.jpg

遠山氏・・・     だれ?








t4.jpg

おぉー! 遠山の金さんか!  知ってる! 知ってる!(ジミーちゃん?)


t3.jpg

ここに、その昔 遠山家があったのね! 再建はしないのね・・・

跡地というだけね・・・  なるほど・・・  ふむ~・・・





はい! お次!

t9.jpg

明智城!   あの明智光秀はここで生まれたんだね!

t10.jpg

で、ここが跡地ね・・・







跡地ばっかやないかーい!(#゚Д゚) ゴルァ!!

再建しろや!  こちとら跡地ばっか見せられても、想像すらできんのじゃい!


あ! ご機嫌を取るかのように小雨が止んできた^^
(さっきまでずーっと降り続けてたのに・・・)



ほんじゃ次!

t8.jpg

お! 藁葺き屋根の古民家!   どれどれ・・・

t17.jpg

三宅さんって人が遠山家に仕えていたんだね!





遠巻きに見ていたら、敷地内にいた年配の方が 「よかったらお入り下さい」 と声を掛けてくれた^^

じゃあ、お言葉に甘えて・・・

t12.jpg

「ここは遠山のお殿様に仕えてた三宅家で、この建物もおよそ300年ぐらい経ちます」

ほぉ~、300年経ってる割にはしっかりしてますね!

「私はボランティアで、毎日交代でこの三宅家に来て、いろりに火をくべるんです」

「そうすることによって、煙で燻された家は丈夫になり、虫もつかないんです」

へ~、昔の人の知恵ってすごかねー!

t13.jpg



「これは『無双窓』といいます」

t14.jpg

「内側に同じような桟になった板を横にスライドすることによって窓を閉めます」

すばらしいのは、この窓 内側からは開閉できるけど、外からは開閉できません!(吃驚

なるほど! 外側の桟は固定されてるから内側の桟を動かすことができない!

よーく考えられてますなぁ(感心 感心)


すごく優しい口調のおじさんで、いろいろ話してもらい跡地で「フンガー!(怒」してた

気持ちも治まりました^^


このおじさんに進められて「千畳敷公園」へと行っていました

ここは明智光秀が生まれたときに使われたとされる産湯の元の井戸があります

t22.jpg

t23.jpg

t24.jpg

t25.jpg

なるほどね~







さーて、腹が減ってきたので街に下りてなんか食べよう・・・


t20.jpg

「浪漫亭」

近代的な建物っすね^^

大正時代の食べ物っていうと・・・






オレは・・・








「ハヤシライス」だな^^

hayasi2.jpg

ここのハヤシライス、うめー!^^

romanntei1.jpg

蓄音機が置いてあったり、「コバタ?」・・・



あぁ、「タバコ」ね! 大正時代もまだ右から左に読むのね^^






さあ!雨も上がったし、腹も満腹になったし帰るか!




しかし、あれだな・・・









大正村・・・









見たのは、江戸以前のものばっかだったな・・・
スポンサーサイト



この記事のURL | 日常ブログ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |