yu-yaの「これでいいのだ!」 | 日常にあった気づいたこと、びっくりしたこと、勉強になったことを 書き綴きちょっとだけ写真撮っていますというブログです。

白川郷 ~合掌村~

本当は冬場の雪景色を撮りたかったんだけどね・・・
今年はずっとノーマルタイヤだったので行けませんでした。
やっぱ長閑な風景って、気持ちが落ち着くわ~w



合掌村1











日が暮れるまでじっと辛抱するのであった・・・
おかげでいい感じの写真が撮れたw

合掌村3










粘って午後7時30分まで居たんだよ。
久しぶりに来たけど、相変わらず外国人で賑わってた。
さすがは世界遺産だね。

合掌村2

Category : 写真ブログ
Posted by yu-ya on  | 4 comments  0 trackback

名城

TVでニュースを見ていたら、今夜あたりもしかしたら蛍が見られるかもしれませんと・・・
ほぉ・・・なら、ちょっくら出かけてみるかと・・・






















おらんやないかい!(*・`ω´・)ゞ








今夜はちょっと風が強くて、蛍の出番がありませんでした。




通常は名古屋城のお堀で見られるようです。
・・・なので今夜はお城だけ、カシャっとな・・・


夜の名古屋城Ⅱ

Category : 写真ブログ
Posted by yu-ya on  | 2 comments  0 trackback

アドバンスカート

前回の記事のプライベートレースの横でゴーカート用のコースがありまして
こちらではタイムアタックをやっておりました。
最高速度はおよそ60kmだそうです。
車高が低いので体感速度は実速度よりかなり上だと思われます。

ゴーカート2










乗車条件は身長140cm以上
運転免許証を持っていない人はステップアップ講習を受講して
認定されなければいけません。

ゴーカート1










乗ってる人を見ると、車好きの人が多いようです。
そりゃそうかw
レーサー気分に慣れますよね^^ きっと。

ゴーカート4










ユーチューブで動画がUPされてるのでちょいと拝借します。
※画面酔いするかもしれないので気をつけて見てね。

Category : 写真ブログ
Posted by yu-ya on  | 4 comments  0 trackback

鈴鹿サーキット

朝晩の冷え込みも感じなくなり、いよいよ夏に向けて季節が移り変わってるなと感じる今日この頃ですw
中々、自然風景が撮りに行けないので今回は、流し撮りの練習にここ鈴鹿サーキットにやってきました。
時速250km以上でカッ飛ぶレーシングマシンならうってつけですからね。



suzukaサーキット4










シャッター速度を125から100→80→60→50・・・と落としていったのですが、オレの腕では50が限度でした。
ほんとはもっとバックを流したいんだけど、これ以上下げると被写体までぶれブレで「どこ狙ってんの?」
状態になってしまいますw



suzukaサーキット3










試しにシャッター速度を1250で撮ったら、あの回転してるホイールまで見事に止まって撮れました。
おぉ!と思いましたが、よく考えたら展示してあるレーシングマシンとなんら変わりないので写真UPは
ボツにしましたw


suzukaサーキット1










しかしあれだね・・・もっとカメラの機能を理解しないといけませんな・・・
ぜんぜん使いこなせてないから、宝の持ち腐れ状態に・・・
取説とかあるけど、なんせ文字読むのが苦手で、触って試して覚えてくタイプなので
時間がかかるw


suzukaサーキット5










しかし、この日は駐車場からサーキット場までかなりの距離歩いたので足の裏が痛い!
帰りの道中なんかふくらはぎ攣りそうだったからねw
まずは足腰鍛えないと、山道とかぜったい歩けないよね。

ちょっと頑張って鍛えよう・・・


ってことを1年前から思ってます・・・・(恥


suzukaサーキット2

Category : 写真ブログ
Posted by yu-ya on  | 7 comments  0 trackback

プロデビュー

浅野達哉 - 17才・・・
小学5年生からボクシングに魅了され、ひたむきに・・・ただ直向に練習を続けてきた。
彼は言う・・・『自分は不器用ですから、先輩達みたいに器用に立ち回れないんです・・・
だから、会長から教えてもらったことをただただ繰り返すしかないんです。」




スパーリング中に会長の怒号が鳴り響く・・・
「違う! さっきも言ったろう! 動きが単調なんだ! バカたれが!」

・・・はい。   と悔しそうな顔をしては、また過酷なスパーリングを繰り返す。















だが一旦、練習が終われば会長と達哉は冗談を言ったり、二人の持ちネタを披露して
ボクシングジムの練習生たちの笑いを誘う・・・

そんな彼のデビュー戦が8日に行われた。


tatuya2.jpg









フルラウンド4R・・・ いわゆる4回戦ボーイというやつです。
相手はすでにプロデビューして5戦している経験者です。
でも、会長は達哉に何も相手の情報を教えていません。
達哉が緊張しないための会長の優しさです。


tatuya3.jpg










試合は4回戦まで続いて、判定となりました。
達哉は最後まで、教えられたとおり力いっぱい戦いました。






















そしてジャッジが読み上げられます。

勝者、青コーナー・・・・



浅野達哉!

tatuya8.jpg


嬉しい気持ち・・・・         感謝の気持ち・・・・       安堵の気持ち・・・・     

達哉の目から涙が零れ落ちました。
















彼のプロとしてのボクシング人生がここから始まったのです。
勝利者インタビューで彼はこう言いました。

『今日、勝てたのは会長 諸先輩方のおかげです。 自分は不器用だから
教えられたことをただただ、繰り返すことしかできません。
それを辛抱強く、支えてくれたおかげです、ありがとうございます、感謝します。

・・・そして、僕を生んでくれたお父さん、お母さん・・・ありがとうございます。
僕が今ここに立てているのはお父さんお母さんのおかげです。

・・・そして、応援に来ていただいた大勢の方、ありがとうございます。
これからも、もっともっと練習して頑張りますので応援よろしくお願いします。』

tatuya9.jpg


不器用だけど直向で優しい男、達哉よ・・・  初勝利おめでとう!

Category : 写真ブログ
Posted by yu-ya on  | 6 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。