FC2ブログ
2018 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
岡崎城
- 2017/01/28(Sat) -
ここ愛知県は戦国三大武将生誕の地でもあります
その中の一人、徳川家康公
その家康公が生まれた場所がここ岡崎城とされています。

城主は松平家のようですね。



2017-1-7岡崎城1-1










徳川といえば、三つ葉葵が思い浮かべられますが
やはり、テレビドラマ「水戸黄門」でおなじみの
「この印籠が目に入らぬかぁ~!」

の印籠で葵の家紋が印象深いですよね

2017-1-7岡崎城2-1










城内には裏手のひっそりとした場所に
井戸がありまして、家康公が生まれたときに
この井戸から産湯を汲んだとされています。

2017-1-7岡崎城3-1










岡崎城から車で10分ほど走らせたところに
大樹寺というお寺がありまして
そこに初代徳川家康公から歴代の将軍の位牌が祭られています。

等身大の位牌がずらりと並べられていて、なんとも重厚な雰囲気を醸し出しています。
そして家康公の位牌は159センチでした。
現代人と比較すると当時の日本人の身長は低かったですね。


ちなみに生類憐みの令で有名な5代将軍「徳川綱吉」は124センチと
当時の時代から見てもかなりの小柄だったようです。

8代将軍「徳川吉宗」は155.5センチとなっています
(ただしこれは諸説ありまして180センチだという説もあります)
徳川吉宗といえば暴れん坊将軍で有名ですね。
(松平健を思い浮かべます^^)

2017-1-7岡崎城4-1



この記事のURL | 写真ブログ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<雨降り | メイン | 本丸御殿>>
コメント
- -

オヤジの出身が岡崎なので
岡崎はゆかりがあるんですが
この大樹寺から本堂から門を通してみると
岡崎城が見えるんですよね
当時の岡崎城は「平城」で名古屋城ほど
重要視されていないようともいわれますが
そんなことはなく、東海道の拠点として
宿場をおさえるのに重要だったと思います
まあ、大阪とは距離が離れてるので
軍事の面では弱かったのかもねェ(^_-)-☆
2017/01/28 22:57  | URL | 加夢 #-[ 編集] |  ▲ top

- こんばんは♪ -

早速のコメント、有難うございました(^-^)

岡崎城が、家康公の生まれたお城でしたか・・・
そうそう、徳川と言えば、葵の御紋ですね。
黄門様や時代劇を見ると葵の御紋を目にします。

以前、出世城と言われた「浜松城」に行ったことありますが・・・。

埼玉の川越は、徳川の譜代大名で、お祭りの提灯なので、葵を見ます。
江戸城から移築した、家光誕生の間や春日局化粧の間などあります。
徳川家とは縁が深いです。
2017/01/28 23:18  | URL | 梅サクラ #zwRScLrQ[ 編集] |  ▲ top

- 加夢さんへ -

加夢さん、いらっしゃい

おぉ、オヤジさんが岡崎出身ですか
西三河といえば豊田市に次いで岡崎市が名を連ねますよね
写真撮りに三河方面にもたまに行きますよ

そうなんですよね、だから岡崎城と大樹寺を繋ぐ直線状に高い建物は
建てられない決まりがあるんですよね

どのお城もそうですけど、重要な場所に築城してますから
平城といえども、岡崎市の要であったことには変わりはないでしょうね

秀吉公が亡くなり、関ケ原の戦いで勝利した家康公にチャンスが巡り
大阪の陣へと移行していくわけですが、都度 拠点も変わりますし
戦乱の世では、生まれ育った場所に思い入れなど無いに等しいのでしょうかね


2017/01/29 12:17  | URL | yu-ya #-[ 編集] |  ▲ top

- 梅サクラさんへ -

梅サクラさん、いらっしゃい

そうです、岡崎城が家康公の生誕の地なんですよ

葵の紋を見ると「黄門様」思い出しますよね^^
その中でもやはり東野英治郎の黄門様が一番面白かったと思います
西村晃までは見ましたが、里見浩太朗になってからは見なくなりました

演じる役者のマッチングは非常に大事だなぁと思いましたよ^^

浜松城といえば、その昔桶狭間の戦いで信長公に敗れた今川義元・・・
当時人質だった、家康公がその後今川領にあった岡崎城を取り戻し
その後、息子に岡崎城を譲ると浜松城へと拠点を変えたんですよね

江戸幕府を作る第一歩といったところですかね
だから「出世城」なんでしょうね^^

江戸と尾張はご縁が有りますね^^
2017/01/29 12:28  | URL | yu-ya #-[ 編集] |  ▲ top

- こんばんは~ -

身長の低さに驚きました!
124cmって・・・・娘の小1の時くらいかも(;^^)
昔は栄養なども違い成長もそうだったのかもですね。

お城って学校からの見学でよく行きました。
大人になるとなかなか行く機会が無いけど
行くと時代を感じられますね^^

井戸の場所もとっても雰囲気ありますね~(pq*'v'*)♪
2017/01/29 17:21  | URL | 桃咲マルク #l7H4TccY[ 編集] |  ▲ top

- マルクさんへ -

マルクさん、いらっしゃい

徳川綱吉は身長124センチと書かれていて「軟骨無形成症」と
なっていました。
これも、史実上にはどこにも綱吉の身長のことは出てきてないそうで
真実はわかりません。

ただ、現代と比べると当時の食事事情も生活スタイルも随分違うので
平均身長や平均寿命は短かったでしょうね。

山の上のお城とか、当時の人力しかない時代によく建てられたなと思うんです。
何百人という人たちが何年もかけて築城されたわけです
しかも、敵が責めてきたときのために、あえて直線を避けたり城内にも仕掛けがあったりと
いろいろ工夫されてるんです。

現代人よりも遥かに知恵や工夫が豊富だったのだろうとおもいますよ。

井戸にも葵の御紋があって、徳川アピールが凄かったw
2017/01/29 20:18  | URL | yu-ya #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mariayuria.blog9.fc2.com/tb.php/776-ff354807
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。